2017年4月11日火曜日

Abel Tasman 二回め

クリスマス🎄からひっきりなしに世界中から来訪者がやって来て、ニュージーランド中を旅し続けていてあっという間にもう4月、ブログも大変ご無沙汰してしまいました。

リノベーションの記録の為と思って始めたブログですが、リノベーションも完成しニュージーランドの旅行の記録も折角なので更新していこうと思います。

特に9つあるニュージーランドグレートウオーク、季節によっての準備も異なり、初めての事も多いので記録しておこうと思います。

今年の夏初めて行ったエーベルタスマン、素晴らしい自然とウェリントンから行きやすいので、今回はフランスとカナダからの友人達と一緒に前回行かなかった先端に行く予定です。ウオータータクシーでは行けないとの事で観光客も少ないとの事、エーベルタスマン名前の由来のニュージーランド発見当時の原始を感じれるかどうか^_^楽しみです。

予定はトタラヌイまでウオータータクシー、徒歩でニュージーランド初の歴史ある山小屋ファラワランギを目指します。それ以前から歩いて行ってもいけますが、途中アワロア先は満ち潮時には渡れません。引き潮2時間前後は大丈夫ですが、実行日は引き潮午後4時頃で日没時間が早いのでウオータータクシーでその先のトタラヌイからのスタートです。



雨天決行なのともう秋なので防寒防雨対策を考えています。ゴアテックスの上下の下に今回新しく購入したパタゴニアナノパフフーディとウィンドシールドを装備、その他バックパックの中は全てビニールで包み濡れを防ぎます。色々初めてなので、楽しみです。

お店の人がバックパックカバーは風がふいたり、何かと不便なのでザック内に防水ビニールが便利だという事でバックパックカバーを購入しませんでしたが雨の予報にちょっと不安がよぎります。大きな黒いビニールをインラインした上に個別にジップロックビニール袋に圧縮した服を詰めます。

ニュージーランド山小屋にはマットだけなので寝袋シュラフは必須。羽毛だと暖かい上に小さくコンパクト収納なので便利です。日本の神田山のスポーツ製の数十年前の物でその時1番高価でしたが後悔のない良い投資になりました。ゴアテックス同様大活躍です。